むずむず脚症候群の有病率の人種差


方法: general medicine clinicsにおいて1対1のインタビューによりRLSの有病率を調べた. John Hopkins Telephone Diagnostic Interviewを用いてインタビューを行う. すべてのインタビューは訓練を受けた医師が行う。結果:190人の患者にインタビュー: 103人は African American (AA) (58.3%は女性)であり 87人はnon-African American (NAA) (5は女性).確実なRLSの全般的な有病率は22.6%。AA の平均年齢は53 歳(standard deviation, 15)でありNAAの平均は 50 歳(standard deviation, 13). AAの中で,確実なRLSの診断は 11.65%であり, probable(多分?)は 3.88%であり、否定は83.5%, そして不明は0.97%. NAAの中で,患者は確実な RLS (35.63%) と非RLS (64.37%)に分けられ; probable(多分?) RLS又は不明はいなかった. ロジスティク回帰解析により年齢、人種、又は性別は有意にRLSの診断を予測する。他の変数で補正しても、NAAとRLSの有病率の関連は有意のまま(P = 0.002).
Hosp Pract (1995). 2014 Aug;42(3):131-137.
Racial differences in the prevalence of restless legs syndrome in a primary care setting.
Alkhazna A1, Saeed A, Rashidzada W, Romaker AM.
•1University of Missouri-Kansas City, Kansas City, MO. aalkhaznah@yahoo.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-09-29 22:12 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line