慢性疲労症候群の年齢別有病率


方法: CFS/MEの症例を the Norwegian Patient Register (NPR)で2008年から2012年まで見つける. The NPR は国家レベルであり、専門家の健康ケアサービス(病院と外来患者クリニック)を含む. 性別、年齢特異的な発生率をCFS/MEの各カテゴリー別に年―人の危険性で評価。性別、年齢カテゴリー、診断の年を共変量としてポアソン回帰で発生率の比を評価。結果:2008-2012年で 5,809人が CFS/ME と登録. 全体の発生率は10万人・年で25.8 人(95% confidence interval (CI): 25.2 to 26.5). 男性に対する女性のCFS/ME発生率の比は3.2 (95% CI: 3.0 to 3.4). 両性で発生率は年齢により大きく異なり, 最初のピークは10 ―19歳であり2番目のピークは30― 39歳.
BMC Med. 2014 Oct 1;12(1):167. [Epub ahead of print]
Two age peaks in the incidence of chronic fatigue syndrome/myalgic encephalomyelitis: a population-based registry study from Norway 2008¿2012.
Bakken I, Tveito K, Gunnes N, Ghaderi S, Stoltenberg C, Trogstad L, Håberg S, Magnus P.


 線維筋痛症では小児と成人の有病率を一緒に計測した研究はありません。線維筋痛症では50-80の間(報告により差がある)がピークであり、それまでは年齢と共に有病率は増加し、その後は連理と共に減少します。
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-05 11:01 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line