診断基準の差による線維筋痛症の有病率の差


方法:横断研究。痛み、症状およびリウマチ的な診断を含むアンケートを北東スコットランドの4600人の成人に郵送。CWPのある人又はthe modified 2010基準を満たす人,それに加えてその差の参加者を研究施設に招く。追加的なアンケートを終了しリウマチ的な検査を受けた人をthe ACR 1990, 2010 およびmodified 2010基準により分類. 年齢、性別、居住地により重みづけしたした目標人口での各基準での有病率を計算。結果:アンケートを返送した1604人中269人を招いて104人(39%)が研究施設にやってきて、そのうち32人(31%)はFMの一つ以上の基準を満たした。the 1990, 2010および modified 2010基準を用いたFMの有病率は各々1.7% (95%CI: 0.7-2.8%); 1.2% (0.3-2.1%); および5.4% (4.7-6.1%)。女性/男性の日は各々13.7 to 4.8 and 2.3. まとめ:FMの有病率は基準により異なり、特にthe modified 2010基準は有病率が高く、男性の割合が多くなる。
Arthritis Rheumatol. 2014 Oct 16. doi: 10.1002/art.38905. [Epub ahead of print]
The prevalence of fibromyalgia in the general population - a comparison of the American College of Rheumatology 1990, 2010 and modified 2010 classification criteria.
Jones GT1, Atzeni F, Beasley M, Flüß E, Sarzi-Puttini P, Macfarlane GJ.
•1Musculoskeletal Research Collaboration (Epidemiology Group), Institute of Applied Health Sciences, University of Aberdeen, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-10-19 17:13 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line