動脈管開存症に対するアセトアミノフェンの効果:総絵


動脈管開存(症)(patent ductus arteriosus:PDA)に対するアセトアミノフェンの効果の総説.PDAに対するNSAID治療が禁忌又は以前失敗した患者に対する経口又は静注のアセトアミノフェンの症例報告. 報告された症例では、患者の76%はPDA閉鎖に成功。臨床研究により、早産児における経口アセトアミノフェンと経口イブプロフェンの効果を比較。Acetaminophen はibuprofenに比べて非劣性であり、閉鎖率は72.5%から81.2%.大部分の症例報告や研究でのアセトアミノフェンの投与量は6時間ごとに15 mg/kgを3日間。Acetaminophen治療には耐用性があり、肝臓の酵素の増加の発生が報告されているのみ。まとめ:経口アセトアミノフェンはindomethacin/ibuprofenが無効あるいは禁忌の場合に早産児のPDA治療の選択肢になり、手術的な結紮の前に考慮してもよい。
Ann Pharmacother. 2014 Oct 28. pii: 1060028014557564. [Epub ahead of print]
Acetaminophen for Patent Ductus Arteriosus.
Le J1, Gales MA2, Gales BJ3.
•1Southwestern Oklahoma State University College of Pharmacy, Weatherford, OK, USA.
•2Southwestern Oklahoma State University College of Pharmacy, Weatherford, OK, USA Integris Baptist Medical Center, Oklahoma City, OK, USA mark.gales@swosu.edu.
•3Southwestern Oklahoma State University College of Pharmacy, Weatherford, OK, USA Integris Baptist Medical Center, Oklahoma City, OK, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-11-02 11:01 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line