非癌性慢性痛には麻薬と非麻薬のどちらが有効か


少なくとも4週間の研究で、慢性非癌性疼痛(chronic non-cancer pain:CNCP)に対してオピオイドが非オピオイドに対して優れているかどうかの系統的総説とメタ解析。英語論文。結果:10 RCTsで3046人の参加者。研究期間の中央値は6週間 (範囲 4-12週).5つの研究はOA痛でtramadol とNSAIDsを比較し、1つの研究では腰痛でtramadolとflupirtineを比較。異なる神経障害性疼痛症候群においてMorphineと抗うつ薬(2つの研究)、抗痙攣薬(1つの研究)および抗不整脈薬(1つの研究)と比較。オピオイドと非オピオイドには鎮痛に有意差はない(standardized mean differences (SMD) 0.03 [95 % confidence interval, CI - 0.18, 0.24]; p = 0.76). 身体機能の改善の点では、非オピオイド鎮痛薬はオピオイドより優れている(SMD 0.17 [95 % CI 0.02, 0.32]; p = 0.03). 副作用による脱落する患者はオピオイドの方が非オピオイド鎮痛薬よりも頻繁(RD 0.09 [95 % CI 0.06, 0.13]; p < 0.0001)。重大な副作用又は効果がないために脱落する点ではオピオイドと非オピオイドには有意差なし 。
Schmerz. 2014 Nov 8. [Epub ahead of print]
[Opioids in chronic noncancer pain-are opioids superior to nonopioid analgesics? : A systematic review and meta-analysis of efficacy, tolerability and safety in randomized head-to-head comparisons of opioids versus nonopioid analgesics of at least four week's duration.]
[Article in German]
Welsch P1, Sommer C, Schiltenwolf M, Häuser W.
•1Stichting Rugzorg Nederland, Ede, Niederlande.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-11-11 23:27 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line