B型肝炎ワクチン接種後の線維筋痛症.慢性疲労症候群


hepatitis B vaccination (HBVv)予防接種後に起こった 19 人のCFS and/or FM患者の医療記録を解析。全員USAの異なるセンターで1990-2008の間に予防接種。すべての医療記録は人口統計的データ、既往歴、ワクチン接種の回数、即時と晩期の予防接種後副作用、および臨床症状を評価。さらに、血液検査、画像検査、治療とその結果を解析。autoimmune (auto-inflammatory) syndromes induced by adjuvants (ASIA)基準をすべての患者に適用。患者の平均年齢は28.6 ± 11 歳, そのうち68.4 %は女性. 21.05 %の患者は個人的または家族的な自己免疫疾患の背景あり。HBVvの最後の接種から症状発生までの平均潜時は 38.6 ± 79.4日, 数日から年単位に及ぶ。8人の患者 (42.1 %) は副作用にもかかわらず予防接種プログラムを継続. 多く報告された症状は神経学的症状 (84.2 %),筋骨格症状(78.9 %), 精神的症状(63.1 %), 疲労(63.1 %), 胃腸症状(58 %) および皮膚粘膜症状 (36.8 %).検査を行った患者の 71 % に自己抗体あり. 全患者はASIA基準を満たす.この研究では、 CFS およびFM患者の幾ばくかは、ASIA症候群の一部としての予防接種と時間的に関連することを示す. 予防接種中の副作用の出現、自己免疫感受性の存在、および自己抗体の高力価は危険因子。
Immunol Res. 2014 Nov 27. [Epub ahead of print]
Chronic fatigue syndrome and fibromyalgia following immunization with the hepatitis B vaccine: another angle of the 'autoimmune (auto-inflammatory) syndrome induced by adjuvants' (ASIA).
Agmon-Levin N1, Zafrir Y, Kivity S, Balofsky A, Amital H, Shoenfeld Y.
•1The Zabludowicz Center for Autoimmune Diseases, Chaim Sheba Medical Center, 52621, Tel-Hashomer, Israel.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-01 20:17 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line