透析患者におけるむずむず脚症候群:メタ解析


統合したオッズ比(odds ratios:ORs)/標準的平均の差(standard mean differences:SMDs)、付随する信頼区間(corresponding confidence intervals (CIs).透析患者におけるRLSのメタ解析。結果:23の研究が含まれる。アジア人では、RLSである透析患者は非RLS患者に比べるとDMになるORが有意に高い(OR: 1.238, 95% CI: 1.032-1.484, P = 0.021). 一般人口/白人において、RLSを合併した透析患者は非RLS患者と比較するとヘモグロビン/鉄レベルが著しく低い (SMD: -0.178/-0.104, 95% CI: -0.352/-0.206 から -0.004/-0.002, P = 0.045/0.045; SMD: -0.283/-0.158, 95% CI: -0.552/-0.304 から -0.013/-0.012, P = 0.04/0.034).一般人口、白人、アジア人で葉RLSを合併した透析患者とRLSを合併しない透析患者の間には 女性人口、年齢、透析期間、BMI、BUN, クレアチニン、アルブミン、リン、副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone:PTH), およびカルシウムには差がない。出版の偏りのエビデンスはない。まとめ:我々の所見では、アジア人では、DMを合併した透析患者のほぼ24%はRLS. 白人を含む全人口で葉、透析患者において、低下したHb/鉄はRLS発症の危険因子。
Sleep Med. 2014 Oct 2. pii: S1389-9457(14)00389-X. doi: 10.1016/j.sleep.2014.07.017. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome in dialysis patients: a meta-analysis.
Mao S1, Shen H2, Huang S1, Zhang A3.
•1Department of Nephrology, Nanjing Children's Hospital, Affiliated to Nanjing Medical University, Nanjing, China.
•2Department of Oncology, First Affiliated Hospital of Nanjing Medical University, Nanjing, China.
•3Department of Nephrology, Nanjing Children's Hospital, Affiliated to Nanjing Medical University, Nanjing, China. Electronic address: zhaihua@njmu.edu.cn.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-09 21:36 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line