うつに対するNSAIDの効果:総説


NSAIDs が抑うつに有効という論文の総説。合計2706人の6つの研究(RCTs)、が選択的COX-2 阻害NSAIDsのよくうつ症状への効果を調べる。6つのRCTsのうち4つではf NSAIDsに有意な効果; 2 では効果なし。非選択的COX阻害 NSAIDsの抑うつ症状に対する効果を合計7978人5つの研究が調べる。1 つのRCT, 3つのコホート研究、1つの非対照予備的研究。 RCT研究では有意な結果にはならず. 後ろ向きコホート研究の1 つでは効果があるが、2つでは効果がない. 予備的研究はNSAIDsの効果を示す. これらの研究は著しい方法論的な異質性を示す(つまり、年齢の範囲、性別、抗うつ薬使用の有無、抑うつの計測法、抑うつ症状の程度、研究期間とデザイン (RCT vs. cohort)).抑うつ症状に対するNSAIDsの効果は無視できるほどであるが、 不一致な所見や方法論にかなりの異質性があるため、確固たる結論を出すことが困難。
Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 2014 Oct 16;57C:11-16. doi: 10.1016/j.pnpbp.2014.10.003. [Epub ahead of print]
A critical review of the efficacy of non-steroidal anti-inflammatory drugs in depression.
Eyre HA1, Air T2, Proctor S2, Rositano S2, Baune BT3.
•1Discipline of Psychiatry, School of Medicine, University of Adelaide, Adelaide, Australia; Semel Institute for Neuroscience and Human Behavior, UCLA, LA, USA; School of Medicine and Dentistry, James Cook University, Townsville, Australia.
•2Discipline of Psychiatry, School of Medicine, University of Adelaide, Adelaide, Australia.
•3Discipline of Psychiatry, School of Medicine, University of Adelaide, Adelaide, Australia. Electronic address: Bernhard.Baune@Adelaide.edu.au
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-09 21:41 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line