透析患者のむずむず脚症候群


横断研究デザインで, イランのRasool-Akram hospitalの透析センターからの163人の慢性腎不全患者を登録。人口動態的、臨床的、および検査データを記録。4つのInternational Restless Legs Syndrome Group (IRLSSG) 診断基準と症状の程度スケールに基づきRLSの存在と程度を調べた。SPSS 統計ソフトウェア―(Version 16.0)を用いてRLSを合併した患者と合併しない患者を比較。61人の患者 (37.4 %)がRLS. RLS群の平均年齢の方が(65.2 ± 9.3 歳) RLS-陰性群(59.0 ± 14.7歳; P = 0.004)より有意に高い. 血清クレアチニンレベルはRLS群の方が有意に高い (7.6 ± 2.1 mg/dl vs. 6.7 ± 1.8 mg/dl; P = 0.009). RLS患者のGlomerular filtration rate(GFR)は他の患者よりも低い (9.2 ± 3.1 ccs/min vs. 11.6 ± 4.8 ccs/min; P = 0.0001). RLS患者は睡眠時間が短く, 不眠、日中の眠気、鎮静―睡眠薬の使用が多くなる(P < 0.05). 腎不全の原因、1週間あたりの透析の頻度、透析のdose、透析の期間、腎移植、糖尿病や高血圧の既往の点ではRLS陽性患者と陰性患者で有意差はない。透析患者はRLSの有病率が高い.
Neurol Sci. 2014 Dec 5. [Epub ahead of print]
Restless legs syndrome in hemodialysis patients in Iran.
Rohani M1, Aghaei M, Jenabi A, Yazdanfar S, Mousavi D, Miri S.
•1Department of Neurology, Iran University of Medical Sciences, Tehran, Iran.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-17 20:18 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line