CRPS治療による脳の変化


23人の患者(13人は女性, 9 人は男性;平均年齢 ± SD = 13.3 ± 2.5 歳)および年齢性別をマッチさせた21人の健常対照群がMRIを受けた。対照群と比較して、患者は一次運動野、前運動皮質, 補足運動野, midcingulate皮質, 眼窩前頭皮質, 背外側前頭前皮質(dorsolateral prefrontal cortex:dlPFC), 後帯状皮質, 楔前部, 大脳基底核, 視床および海馬の灰白質(Gray matter: GM)が減少. 治療後, 患者はthe dlPFC, 視床, 大脳基底核, へんとう(体),および海馬のGMが増加し, dlPFC と中脳水道周囲灰白質の間の機能的結合(functional connectivity:FC) が増強する、二つの部位は下降性疼痛調節を含む.その結果, 我々の結果は子供のCRPSにおいて感覚、運動、情動、認知および痛み調節部位のGMに異常があるという、新しいエビデンスを提供する.さらに, これが急速な治療が誘発した、感覚、情動、および痛み調節の部位のGM とFC の変化を示した初めての研究.
Brain Struct Funct. 2014 Dec 17. [Epub ahead of print]
Rapid treatment-induced brain changes in pediatric CRPS.1請求
Erpelding N1, Simons L, Lebel A, Serrano P, Pielech M, Prabhu S, Becerra L, Borsook D.
•1P.A.I.N. Group, Boston Children's Hospital, Center for Pain and the Brain, 9 Hope Avenue, Waltham, MA, 02453, USA, nathalie.erpelding@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2014-12-23 12:45 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line