アセトアミノフェンによる急性肝不全


アメリカとイギリスにおける急性肝不全(acute liver failure:ALF) の最も多い原因の中で, acetaminophe誘発性の肝毒性は著しい健康問題であり緊急の肝移植の一般的な適用になる。医師やその他の医療関係者からの acetaminophenが重なる問題があり,非意図的なあるいは慢性的な過量投与がacetaminophen関連の ALFの50%以上を占める. N-acetylcysteineによる治療は急性過量に対して早期に行われればALFの進展を減らすことに有効であるが,一度 ALFが起これば肝移植が生命を救う唯一の治療。acetaminophen-関連の ALFが急速に起こることと肝臓のドナーが限られていることを考えると、早期の正確な診断が肝移植の必要な患者にとって重要。
Arch Toxicol. 2014 Dec 24. [Epub ahead of print]
Acetaminophen hepatotoxicity: an updated review.
Lancaster EM1, Hiatt JR, Zarrinpar A.
·1UCLA David Geffen School of Medicine, Los Angeles, CA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-01-06 21:23 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line