NSAIDの乳癌予防作用:メタ解析


NSAIDやCOX-2の乳癌に対する影響の系統的総説とメタ解析。49の出版。研究の質、暴露の特徴、乳癌の質、乳癌とNSAIDの関連を調べる。症例対照研究、コホート研究、および異なるホルモン受容体で分けてメタ解析。NSAID使用は浸潤性の乳癌の危険性を約20%減らす。同様の効果はaspirin, acetaminophen, COX-2 阻害薬, および程度は異なるがibuprofenにも見られる. Aspirinの効果はホルモン受容体陽性の乳癌を予防する点でも同様。このメタ解析によると、NSAIDs-特にaspirin とCOX-2阻害薬は乳癌を経度予防する効果があり, ER/PR+tumorsに限定されているようだ.
Breast Cancer Res Treat. 2015 Jan 15. [Epub ahead of print]
Effect of COX-2 inhibitors and other non-steroidal inflammatory drugs on breast cancer risk: a meta-analysis.
de Pedro M1, Baeza S, Escudero MT, Dierssen-Sotos T, Gómez-Acebo I, Pollán M, Llorca J.
•1Department of Obstetrics and Gynecology, Nuevo Belén University Hospital, Madrid, Spain, depedro.m@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-01-18 22:15 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line