NAIDによる結腸憩室出血


方法:A cohort of結腸憩室出血(colonic diverticular bleeding:CDB)のために入院し結腸内視鏡検査で前向きに検査した132人の患者のコホート。合併症、ライフスタイル、そして投薬(NSAIDs, low-dose aspirin, 抗血小板薬, 抗凝固薬, acetaminophen, and corticosteroids)を評価。退院後, 患者は経過観察の期間に定められた日に受診するように要請された。The Kaplan-Meierの方法で再発を計算。結果:経過観察の中央値は15か月. 1, 6, 12, および24か月での再発の可能性は 各々3.1%, 19%, 27%, および38%。入院時の41人の NSAID 使用者の中で, 26人(63%)は退院時にはNSAIDを中断. NSAIDsを中断できた患者の多くは 間欠的な使用者であり, acetaminophen 又は抗炎症鎮痛湿布などの別の治療に変更可能であった. 12か月時点での再発の可能性は、NSAIDを中止できた者では9.4%であり、継続使用者では77% (P < 0.01, log-rank test). NSAIDs中断者での再発のハザード比は、0歳を超える年齢, 右側の憩室、高血圧の既往、および透析で補正すると、0.06. 経過観察中には大脳心血管の副作用は起こらなかった。
World J Gastroenterol. 2015 Jan 28;21(4):1292-8. doi: 10.3748/wjg.v21.i4.1292.
Impact of discontinuing non-steroidal antiinflammatory drugs on long-term recurrence in colonic diverticular bleeding.
Nagata N1, Niikura R1, Aoki T1, Shimbo T1, Sekine K1, Okubo H1, Watanabe K1, Sakurai T1, Yokoi C1, Akiyama J1, Yanase M1, Mizokami M1, Uemura N1.
•1Naoyoshi Nagata, Ryota Niikura, Tomonori Aoki, Katsunori Sekine, Hidetaka Okubo, Kazuhiro Watanabe, Toshiyuki Sakurai, Chizu Yokoi, Junichi Akiyama, Mikio Yanase, Department of Gastroenterology and Hepatology, National Center for Global Health and Medicine, Tokyo 162-8655, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-01 15:42 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line