ビタミンCの術後痛とCRPS予防効果:系統的総説とメタ解析


方法:2014年4月までに出版された文献の系統的総説. 関連性のある研究の参考文献を調べた. 結果の妥当性を独立して検査し, and full-text 研究の適格性を評価. a modified Newcastle-Ottawa Scaleを用いて報告の質を評価.結果: 710の研究を調べ, そのうち13 の研究を対象にした: 7つは術後痛の研究であり、6つはCRPS Iの研究。最終的な解析では, 一つの関連のある研究では、術前vitamin C摂取後は術後モルヒネ使用量が減少し, vitamin C群と対照群で術後痛の結果には有意差がない. 3つの適切な CRPS I 研究のメタ解析によると、周術期のvitamin C 補給後は術後CRPS I の発生は減少した(relative risk (RR)=2.25; tau=0)。考察:中等度のレベルのエビデンスは術後モルヒネ消費を減らすための補助としての術前の2 g のvitamin C の使用を支持し, 高いレベルのエビデンスは、周術期の1日1gの50日間のvitamin C 補給は四肢手術後の CRPS I を予防することを支持する。
Clin J Pain. 2015 Feb 4. [Epub ahead of print]
Effect of Perioperative Vitamin C Supplementation on Postoperative Pain and the Incidence of Chronic Regional Pain Syndrome: A Systematic Review and Meta-analysis.
Chen S1, Roffey DM, Dion CA, Arab A, Wai EK.
•1*University of Ottawa Spine Program, The Ottawa Hospital, Ottawa, ON, Canada †Division of Neurosurgery, The Ottawa Hospital, Ottawa, ON, Canada ‡Clinical Epidemiology Program, Ottawa Hospital Research Institute, Ottawa, ON, Canada §Faculty of Medicine, University of Ottawa, Ottawa, ON, Canada ∥Division of Orthopaedic Surgery, The Ottawa Hospital, Ottawa, ON, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-08 22:18 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line