術中のアセトアミノフェン静注は人工関節置換術後のオピオイド消費量を減らす


方法:この後ろ向きコホート研究は、Duke University Hospital (DUH)で股関節置換術又は膝関節置換術を受けた無作為に選択された176人の成人における術後のオピオイド消費を評価. 88人は術中に1回1 gの量のIV acetaminophenを受ける. その他の者IV acetaminophenを受けず。この研究は2群において術後24時間の間のオピオイド消費の平均を評価(経口morphine等量). その他の評価項目は、麻酔後ケアユニット(postanesthesia care unit:PACU)滞在時間, 過鎮静の発生率, 急性のopioid reversalの必要性, およぼ追加的な鎮痛の利用。結果:1回の術中acetaminophen を受けた者では術後24時間で経口モルヒネ当量で平均149.3 mgを受け、IV acetaminophenを受けていない者では147.2 mg (P = .904). IV acetaminophen 暴露群(163 minutes) とIV acetaminophen非暴露群 (169 minutes)の間のPACU滞在時間の平均の差 には有意差なし (P = .588). 過鎮静又は急性のオピオイドreversalが必要であった人は1人もいなかった.
Hosp Pharm. 2014 Dec;49(11):1022-32. doi: 10.1310/hpj4911-1022.
Impact of intraoperative acetaminophen administration on postoperative opioid consumption in patients undergoing hip or knee replacement.
Raiff D1, Vaughan C1, McGee A2.
·1Clinical Pharmacists, Department of Pharmacy, Duke University Health System , Durham, North Carolina.
·2Clinical Pharmacists, Department of Pharmacy, Duke University Health System , Durham, North Carolina. ; Director, Center for Medication Policy, Department of Pharmacy, Duke University Health System , Durham, North Carolina.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-17 20:26 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line