NSAIDは乳癌診断後の生存を延長するというメタ解析


2014年9月まで。メタ解析を行いハザード比(hazard ratios:HRs) と95 % 信頼区間(confidence intervals:CIs) を計測. NSAID 使用の時期(診断の前後), 薬のタイプ (aspirinおよびその他の非アスピリンNSAIDs), および研究デザイン(コホート研究と症例対照研究)に基づきサブグループ解析を行う.結果:16の有用な研究。乳がん診断後のNSAID使用は有意に再発/転移と逆相関 (HR 0.69, 95 % CI 0.59-0.80) そして有意ではないがすべての原因の死亡率を予防する傾向(HR 0.79, 95 % CI 0.61-1.02). コホート研究においては,診断後のNSAIDs使用と乳癌生存の関連はwas stronger with reduced heterogeneity (乳癌特異的死亡: HR 0.65, 95 % CI 0.48-0.89, I 2 = 65.3 %; 全原因の死亡: HR 0.73, 95 % CI 0.57-0.92, I 2 = 83.2 %; 再発/転移: HR 0.73, 95 % CI 0.61-0.86, I 2 = 48.3 %). 診断後のAspirin使用は有意に乳癌特異的な死亡(HR 0.69, 95 % CI 0.50-0.96) および再発/転移(HR 0.75, 95 % CI 0.56-1.00)を減らし, 有意ではないが全原因の死亡を予防する傾向 (HR 0.79, 95 % CI 0.60-1.03). コホート研究のみを含めると,同様の結果であり、診断後のaspirin 使用は有意に全原因の死亡率を減少させる(HR 0.72, 95 % CI 0.56-0.93).
Cancer Causes Control. 2015 Feb 21. [Epub ahead of print]
Aspirin and nonsteroidal anti-inflammatory drugs after but not before diagnosis are associated with improved breast cancer survival: a meta-analysis.
Huang XZ1, Gao P, Sun JX, Song YX, Tsai CC, Liu J, Chen XW, Chen P, Xu HM, Wang ZN.
•1Department of Surgical Oncology and General Surgery, First Hospital of China Medical University, 155 North Nanjing Street, Heping District, Shenyang City, 110001, People's Republic of China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-02-26 22:43 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line