複合性局所疼痛症候群における自己抗体


血清を検査した82人のCRPS患者のうち27人(33%) は抗核抗体(antinuclear antibodies:ANA) 検査陽g性。この有病率は一般人口よりも有意に高い。6人の患者(7.3%)は典型的な抗神経抗体が陽性。しかし、この割合は一般人口からははずれていない。我々の所見によると、自己抗体は少なくとも患者の一群ではCRPSの原因に関連しているかも。
Mediators Inflamm. 2015;2015:718201. doi: 10.1155/2015/718201. Epub 2015 Feb 8.
The prevalence of autoantibodies in complex regional pain syndrome type I.論文あり
Dirckx M1, Schreurs MW2, de Mos M1, Stronks DL1, Huygen FJ1.
•1Center for Pain Medicine, Erasmus MC, University Medical Center, Postbus 2040, 3000 CA Rotterdam, Netherlands.
•2Department of Immunology, Erasmus MC, University Medical Center, Postbus 2040, 3000 CA Rotterdam, Netherlands.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-09 18:41 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line