線維筋痛症患者は子宮摘出後に強い痛みが起こりやすい


方法: 2011年10月から2013年12月まで子宮摘出術を受けた208人の成人が、2011FM疫学基準,痛みの強さの測定と既述子,精神的な計測,術前のオピオイド使用、および健康情報を含む有用な自己報告のアンケートを用いて術前にphenotyped。一次的な結果は経口モルヒネ当量に換算した術後の総おピオイド消費量。結果:FM疫学点数が高いこと、痛みの程度が強い、神経障害性疼痛の頻度が多い、精神的な苦悩が大きい、術前のオピオイド使用量が多いことを含む、術前の痛みの状態が悪いことと有意に関連した。多変量線形回帰モデルを用いると, FM疫学点数は独立して術後のオピオイド消費量に関連し, 31点の計測で1点増えるごとに7mgの経口モルヒネの増加があった (Estimate, 7.0; Standard Error, 1.7; P < 0.0001)。FM疫学点数に加えて, 多変量解析によると、より重篤な医学的合併症、catastrophizing,子宮摘出の手術的な経路、および術前のオピオイド使用も術後のオピオイド消費量の増加を予測する。まとめ:TKRやTHRコホートで報告されたように、FM疫学点数の増加は子宮摘出後の入院中のオピオイド消費を予測する。
Anesthesiology. 2015 Mar 12. [Epub ahead of print]
Fibromyalgia Survey Criteria Is Associated with Increased Postoperative Opioid Consumption in Women Undergoing Hysterectomy.
Janda AM1, As-Sanie S, Rajala B, Tsodikov A, Moser SE, Clauw DJ, Brummett CM.
•1From the Department of Anesthesiology, Vanderbilt University Medical Center, Nashville, Tennessee (A.M.J.); Department of Obstetrics and Gynecology, University of Michigan Health System, Ann Arbor, Michigan (S.A.-S.); Department of Anesthesiology, University of Michigan Health System, Ann Arbor, Michigan (B.R., S.E.M., D.J.C., C.M.B.); and Department of Biostatistics, School of Public Health, University of Michigan, Ann Arbor, Michigan (A.T.).
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-17 23:43 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line