NSAIDは肺癌中t後の生存の予測因子ではない


好中球/リンパ球比(neutrophil:lymphocyte ratio:NLR)および非小細胞肺癌(non-small-cell lung cancer:NSCLC)の長期成績の関連は多くの研究で示されている。方法:この後ろ向き研究にはstages I-IIIの NSCLCに対して手術的に摘出した1139人の周術期のデータを含む。周術期のデータには治療前の特徴、補助療法またはneoadjuvant therapy,術前および術後のNLR, およびNSAID使用(ketorolac, ibuprofen, celecoxib,又は併用) を含む。術前のNLR およびNSAID使用と再発がない(recurrence-free:Rおよび全般的な生存(overall survival:OS)の関連を評価. 56人の患者が術後治療の一部としてNSAIDを使用. 大部分の患者はketorolac (n = 374, 67.16%)使用. Ketorolacの投薬はわずかに良好なOSと関連するが (P = 0.05)、RFSとは関連しない (P = 0.38). 多変量解析(n = 1139によると、術前 NLR >5であることは RFS (hazard ratio [HR] = 1.37; 95% confidence interval [CI] = 1.05-1.78; P = 0.02) やOS (HR = 1.69; 95% CI = 1.27-2.23; P = 0.0003)の低下と関連.しかし, 腫瘍のステージで補正すると, NLR ≥5 は、stage I NSCLC の患者においてのみRFSやOSの予測因子.まとめると, 術前のNLR早期のNSCLC患者においてRFSおよびOSの独立した予測因子。 Ketorolac投薬は生存の独立した予測因子ではない。
Cancer Med. 2015 Mar 10. doi: 10.1002/cam4.428. [Epub ahead of print]
Perioperative neutrophil:lymphocyte ratio and postoperative NSAID use as predictors of survival after lung cancer surgery: a retrospective study.
Choi JE1, Villarreal J, Lasala J, Gottumukkala V, Mehran RJ, Rice D, Yu J, Feng L, Cata JP.
•1University of California, San Diego School of Medicine, California.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-18 00:32 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line