高血圧患者にアセトアミノフェンを使用しても心筋梗塞や脳卒中は増加しない


the UK Clinical Research Practice Datalink内に含まれる情報を用いて後ろ向きにデータを解析。多変量Cox比例ハザードモデルを、10年間のacetaminophen使用に関連した心筋梗塞(一次的な評価項目primary end point), 脳卒中,およびすべての心血管合併症(二次的な評価項目)のハザード比を評価するために用いた。Acetaminophen使用は時間依存性の変数。傾向をマッチさせたデザインにより可能性のある共変量を減らした。65歳以上の24 496人の高血圧患。そのうち, 10 878人はacetaminophe使用、13 618人は使用せず。補正した解析を行うと、心筋梗、脳卒中、あるいはすべての心血管合併症とacetaminophen 使用の間には関連がない(各々hazard ratio, 0.98; 95% confidence interval, 0.76-1.27; hazard ratio, 1.09; 95% confidence interval, 0.86-1.38; and hazard ratio, 1.17; 95% confidence interval, 0.99-1.37;). 傾向をマッチさせた対象での結果 (各群n=4000)を男女別々に解析すると同程度。高頻度の使用者 (1か月のうち75%を超えて処方と定義) でも危険性は増加せず. 可能性のある共変量で補正すると、大規模な高血圧患者のコホートにおいてacetaminophenの使用は心筋梗塞や脳卒中の危険性を増加させない。
Hypertension. 2015 Mar 23. pii: HYPERTENSIONAHA.114.04945. [Epub ahead of print]
Acetaminophen Use and Risk of Myocardial Infarction and Stroke in a Hypertensive Cohort.
Fulton RL1, Walters MR1, Morton R1, Touyz RM1, Dominiczak AF1, Morrison DS1, Padmanabhan S1, Meredith PA1, McInnes GT1, Dawson J1.
•1From the Institute of Cardiovascular and Medical Sciences (R.L.F., M.R.W., R.M.T., A.F.D., S.P., G.T.M., J.D.), School of Medicine (R.M., P.A.M.), and West of Scotland Cancer Surveillance Unit (D.S.M.), College of Medical, Veterinary and Life Sciences, University of Glasgow, Glasgow, United Kingdom.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-30 20:57 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line