複合性局所疼痛症候群患者における病休に関連する要因


方法:CRPS の発症12週以内の人の CRPS-患者。痛み、抑うつ、不安、ストレス、pain-catastrophizing および痛みに関連した恐怖を測定。理学検査を行いCRPSの他覚所見や自覚症状を評価し、CRPSの強度点数を計算する. 人口統計学的詳細、臨床的詳細、治療、就労のタイプと就労状態を記録した。結果:多変量解析によると, 以下の要因は大きな障害と関連する: 痛み点数が高い, 足関節と手関節の伸展制限が大きい、抑うつレベルが強い。CRPS発症前に就学あるいは就労していた49人中, 28人は評価時に就学や就労を中止ししていた。多変量解析によると、CRPSがより強い外傷によって引き起こされた患者, 肉体労働を多く要求される仕事についている者、障害点数が高い者に病休が多く、病休には抑うつが有意な影響を与え、それは障害によって介在される。
Clin J Pain. 2015 Mar 23. [Epub ahead of print]
Factors Associated with Disability and Sick Leave in Early Complex Regional Pain Syndrome Type-1.
Bean DJ1, Johnson MH, Heiss-Dunlop W, Kydd RR.
•1*The Auckland Regional Pain Service (TARPS), Auckland District Health Board, Auckland, New Zealand †Department of Psychological Medicine, The University of Auckland, Auckland, New Zealand ‡Auckland Regional Plastic Reconstructive & Hand Surgery Service, Counties Manukau District Health Board, Auckland, New Zealand.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-30 21:03 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line