中国におけるむずむず脚症候群の有病率と危険因子


方法:この研究は2相の調査からなる。phase 1では4項目の選別アンケートを用いて上海の田舎に住む人に直接インタビューを行う。phase 2では, 睡眠専門家がRLSと診断された人に電話インタビュー。結果:研究したコミュニティーの18歳以上の2941人のうち41人がRLと診断された。RLSの有病率は1.4% (95% confidence interval (CI) =1.0-1.9%), 女性の方が有意に (1.9% [95%CI =1.3-2.7%]) 男性より多い(0.9% [95%CI =0.5-1.5%], p=0.019). 有病率は年齢とともに増加し8-39歳の0.2% (95% CI =0.08-0.6%) から70歳以上の4.1% (95% CI =2.1-7.9%) (p<0.001). 多変量ロジスティック回帰解析によると、胃炎、貧血および高血圧はRLSの危険因子。この研究における4項目の選別アンケートの感度と特異度は各々63.4% と97.5%.
PLoS One. 2015 Mar 24;10(3):e0121215. doi: 10.1371/journal.pone.0121215.
Prevalence and Risk Factors of Restless Legs Syndrome among Chinese Adults in a Rural Community of Shanghai in China.
Shi Y1, Yu H1, Ding D1, Yu P1, Wu D1, Hong Z1.
•1Department of Neurology, Huashan Hospital, Fudan University, Shanghai, China.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-03-30 21:07 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line