SSRIによる非可逆的なパーキンソン症候群


SSRI は時々Parkinsonismを含む錐体外路の副作用を引き起こす. SSRI (fluoxetine / sertraline)で治療を受け非可逆的なParkinsonismが生じた全般性不安障害の症例。 SSRIは、シナプス後のドパミン受容体を変化させることにより大脳基底核の運動系の病態生理学的変化を介して、可逆的または非可逆的な運動障害を引き起こすことが知られている。医師は危険性と利益の比を知るべきであり、異なる種類の抗うつ薬への変更も考慮すべき。
J Clin Diagn Res. 2015 Feb;9(2):VD01-VD02. doi: 10.7860/JCDR/2015/11394.5583. Epub 2015 Feb 1.
A Case of SSRI Induced Irreversible Parkinsonism.
Dixit S1, Khan SA1, Azad S2.
•1Classified Specialist, Department of Psychiatry, Base Hospital Delhi Cantt , New Delhi, India .
•2Resident, Department of Psychiatry, Base Hospital Delhi Cantt , New Delhi, India .
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-13 12:37 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line