アスピリンは子宮頸がんを予防する


328人の子宮頸がん患者と年齢をマッチさせた 1,312人の対照者の症例対照研究. 対照群は腫瘍があると疑われたが最終的には診断されなかった女性。鎮痛薬の使用は定期的 (少なくとも1週間に1回r ≥6か月),頻回 (≥7 錠/週),大変長期間 (≥11年), 又は頻回で,長期間 (≥7錠/、≥5年)と定義。結果:非使用者に比べると, 頻回のアスピリンの使用は子宮頸癌のオッズが減少する(オッズ比, 0.53; 95% confidence interval, 0.29-0.97)少し大きい関連が頻回の,長期間のアスピリンの使用にある(オッズ比, 0.46; 95% confidence interval, 0.22-0.95). Acetaminophen使用は子宮頸癌の危険性とは関連がない。
J Low Genit Tract Dis. 2015 Apr 8. [Epub ahead of print]
Aspirin and Acetaminophen Use and the Risk of Cervical Cancer.
Friel G1, Liu CS, Kolomeyevskaya NV, Hampras SS, Kruszka B, Schmitt K, Cannioto RA, Lele SB, Odunsi KO, Moysich KB.
•11Department of Cancer Prevention and Control, Roswell Park Cancer Institute, Buffalo, NY; 2Department of Obstetrics and Gynecology, University at Buffalo SUNY, Buffalo, NY; 3Department of Gynecologic Oncology, Roswell Park Cancer Institute, Buffalo, NY; and 4Department of Cancer Epidemiology, Moffitt Cancer Center, Tampa, FL.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-13 12:45 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line