中国人の子供におけるむずむず脚症候群の有病率


8-11歳と12-17 歳の中国人の子供と青年におけるRLSの有病率および障害の程度を調べる。この人口に基づいた研究は、中国のHenan 地域で無作為に選んだ5つの小学校と7つの高校で行われた。8-17歳の6792人の生徒に、the International Restless Legs Study Groupによって提案されたRLSの成人の診断基準を含むアンケートを行う。4つの質問全てに「yes」と答えた全員を、RLS診断を確かめるために直接面談のインタビューに選んだ。RLSの症状と認知した合併症を調べるために、明白なRLSの者にはもう一つのアンケートを行った。中国人の子供と青年の明白なRLSの有病率は2.2 % (141/6437),8-11歳では 1.8 %、12-17歳では2.4%。RLSは女性(2.7 %)の方が男性 (1.7 %)より多く (P = 0.008), RLSの有病率は年齢と共に増加する。睡眠障害が子供と青年のRLSの最も多い症状。様々な因果関係がRLSに寄与しており,夕方/夜間の到来を最も多く恐れると報告しており, RLSは気分に負の影響を及ぼすと記載.
Neurol Sci. 2015 Apr 7. [Epub ahead of print]
An epidemiologic study of restless legs syndrome among Chinese children and adolescents.
Xue R1, Liu G, Ma S, Yang J, Li L.
•1Department of Urology, Institute of Clinic Medicine, The First Affiliated Hospital of Zhengzhou University, No.1 Jian She Dong Avenue, Zhengzhou, 450002, People's Republic of China, xuerui04301617@126.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-14 00:02 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line