慢性疲労症候群に対する認知行動療法と段階的訓練治療


方法:171人のCFS患者が認知行動療法(Cognitive Behavioural Therapy:CBT) (n = 116) 又は段階的訓練治療(Graded Exercise Therapy:GET) (n = 55)を受け、治療前、治療後、および経過観察時に様々な自己報告の計測で評価。目的:この論文で、CBT およびGETの治療成績を、通常の臨床診療により解析し、the Metacognitions Questionnaire-30 (MCQ-30)のサブスケールの変化が疲労の程度をその他の共変量の変化とは独立して二つの治療方法にわたって予測するかどうか評価。結果: CBTおよびGETは疲労、不安、および抑うつの軽減と身体機能の増加の点では同程度に有効であった。the MCQ-30のサブスケールの変化は、その他の共変量や治療とは独立して、有意に疲労の程度に影響した。
Behav Cogn Psychother. 2015 Apr 21:1-13. [Epub ahead of print]
Treatment Outcome and Metacognitive Change in CBT and GET for Chronic Fatigue Syndrome.
Fernie BA1, Murphy G2, Wells A3, Nikčević AV4, Spada MM5.
•1King's College London,Institute of Psychiatry,Psychology and Neuroscience, and Cascaid,South London and Maudsley NHS Foundation Trust,UK.
•2Royal Free Hampstead NHS Foundation Trust,London,UK.
•3University of Manchester,UK.
•4Kingston University,Kingston upon Thames,UK.
•5London South Bank University,UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 14:47 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line