トラマドールの過量投与

方法:2000年11月から 2013年6月までに三次毒物ユニットに入院したトラマドール過量投与(> 400 mg)の後ろ向き総括に基づいた観察症例研究. 人口統計学的詳細、摂取の情報(投与量と併用投薬), 臨床的効果、合併症(発作, セロトニン毒性と心血管への影響)および ICUへの入室を臨床データベースから抽出。結果:tramadol過量投与は71例 (年齢の中央値: 41歳,範囲: 17-69歳; および摂取量の中央値: 1000 mg, 四分位範囲interquartile range [IQR]: 800-2000 mg). 発作は用量に関連し8人に起こった, そのうちの1人はBZDとの併用であり、16人の患者では発作がない。 the Hunter Serotonin Toxicity Criteriaを満たすセロトニン毒性の症例はなかった。頻脈は27人で起こり軽度の高血圧が32人で起こる. 29人ではThe Glasgow Coma Score < 15 であり、5人では< 9; 3人はTCAと併用であり2人はtramadol のみ(3000 mg and 900 mg). 呼吸抑制は13人で起こり, 投与量の中央値は: 2500 (IQR: 1600-3000) mgであり呼吸抑制の起こらなかった患者とは有意に異なった (p = 0.003), 投与量の中央値: 1000 (IQR: 750-1475) mg. 8人の患者はICUに入室, 5人は併用薬の毒性のためであり、3人は呼吸抑制のため。
Clin Toxicol (Phila). 2015 Apr 22:1-6. [Epub ahead of print]
Tramadol overdose causes seizures and respiratory depression but serotonin toxicity appears unlikely.
Ryan NM1, Isbister GK.
•1Department of Clinical Toxicology and Pharmacology, Calvary Mater Newcastle, and School of Medicine and Public Health, The University of Newcastle , Newcastle, NSW , Australia.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-04-26 15:00 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line