非ステロイド性抗炎症薬は頭頚部癌を減らす


the UK-based Clinical Practice Research Datalink (CPRD)により、1995年から2013年までに頭頚部癌(head and neck cancer:HNC)の発生した90歳以下の人の症例対照解析。症例1に対して、年齢、性別、カレンダー時間、一般診療、HNC 診断の前のCPRDの活動既往の年数をマッチさせた対照6.併存症や併用薬を含むその他の可能性のある後絡因子も評価しBMI, 喫煙やアルコール消費でも補正した. 2'745人の HNCの症例と 16'470人の対照を解析した。Aspirin 又はNSAID 使用はHNCの危険性を有意には変化させず。しかし、ibuprofenを6つ以上処方された患者は有意にHNCの危険性が低下 (adjusted OR 0.59, 95% CI 0.37-0.94). HNCの危険性はibuprofenの累積投与量が増えると低下する傾向, 喉頭癌ではより顕著。まとめ:大規模な人口をもとにした観察研究によると、buprofenの定期使用はHNCの危険性を減らす。
Int J Cancer. 2015 May 13. doi: 10.1002/ijc.29601. [Epub ahead of print]
Non-steroidal anti-inflammatory drugs and the risk of head and neck cancer: A case-control analysis.
Becker C1, Wilson JC1, Jick SS2, Meier CR1,2,3.
·1Basel Pharmacoepidemiology Unit, Division of Clinical Pharmacy and Epidemiology, Department of Pharmaceutical Sciences, University of Basel, Switzerland.
·2Boston Collaborative Drug Surveillance Program, Boston University School of Public Health, Lexington, Massachusetts, USA.
·3Hospital Pharmacy, University Hospital Basel, Switzerland.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-05-19 20:55 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line