トラマールは早漏に有効


最近のエビデンスによると必要時のtramadolは膣内射精潜時(intra-vaginal ejaculatory latency time:IELT)を延長し、主観的な満足感を改善するために有効。系統的総説。IELTを一次的な結果として用いた。付加的な主観的な結果も用いた。個々の研究からの副作用のデータを用いて安全性を評価。必要時のtramadolさまざまな程度の早漏の男性のIELTを延長させ、 患者の満足感を改善した。Tramadolは全般的には耐用性があり、特に25―50 mgの投与量では. 乱用や依存の危険性はあるが、特に低用量を間欠的に使用時にはまれである。
Int J Impot Res. 2015 May 14. doi: 10.1038/ijir.2015.7. [Epub ahead of print]
Tramadol for the management of premature ejaculation: a timely systematic review.
Kirby EW1, Carson CC1, Coward RM1.
·1Department of Urology, University of North Carolina, Chapel Hill, NC, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-05-19 20:57 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line