子宮頸癌ワクチンと複合性局所疼痛症候群

CRPSなど
外見的には、明瞭でない副反応が新しいワクチンvs. ヒトパピロ-マウイルス(human papillomavirus:HPV)の注射後に見られる。症状はしばしばparesthesiasを含む慢性痛、頭痛、疲労、および起立不耐性。副反応はHPVワクチン後がその他のタイプの予防接種よりも高頻度の様だ. 異なる孤立した症例や少ないseriesはHPVワクチン後の CRPS, 姿勢性起立性頻脈症候群(postural orthostatic tachycardia syndrome:POTS),およびFMを報告。これらは診断が困難で臨床症状が重なる疾患。交感神経系の機能不全はこれらの症候群の原因に需要な役割。細い線維のneuropathyはCRPS, POTS,およびFMで最近認識された。この論文では、細い線維のneuropathyおよび自律神経障害はHPVワクチン後のまれではあるが重症の反応群の共通の原因かもしれないという仮説を勧める。医師は、HPVワクチンと診断の困難な有痛性の自律神経障害症候群の進展の間には可能性のある関連があることを知るべき。

Clin Rheumatol. 2015 May 20. [Epub ahead of print]
Hypothesis: Human papillomavirus vaccination syndrome-small fiber neuropathy and dysautonomia could be its underlying pathogenesis.1請求
Martínez-Lavín M1.
•1Rheumatology Department, Instituto Nacional de Cardiología Ignacio Chávez, Juan Badiano 1, 14080, Mexico City, Mexico, drmartinezlavin@gmail.com
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-05-26 12:37 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line