大腸憩室出血の危険因子


方法:2009年1月から2012年12月まで, 我々の施設で26,602人の患者が大腸内視鏡(colonoscopy:CS) を受けた。急性下部胃腸出血のために、123人が緊急CSを受けた。72人の患者が大腸憩室出血と診断された。149人の年齢、性別をマッチさせた対照群を、同じ期間にCSを受けたが非出血性の憩室のある患者から選択。症例と対照の間の憩室出血の危険因子を比較。結果:単変量および多変量条件付きロジスティック回帰解析によるとNSAIDの使用 (odds ratio [OR], 14.70; 95% confidence interval [CI], 3.89 to 55.80; p<0.0001),心血管疾患の存在 (OR, 8.66; 95% CI, 2.33 to 32.10; p=0.00126), および高尿酸血症(OR, 15.5; 95% CI, 1.74 to 138.00; p=0.014) は大腸憩室出血の有意な予測因子。
Gut Liver. 2015 Jun 19. doi: 10.5009/gnl14407. [Epub ahead of print]
Analysis of Risk Factors for Colonic Diverticular Bleeding: A Matched Case-Control Study.
Sugihara Y1,2, Kudo SE1, Miyachi H1, Misawa M1, Okoshi S1, Okada H2, Yamamoto K2.
•1Digestive Disease Center, Showa University Northern Yokohama Hospital, Yokohama, Japan.
•2Department of Gastroenterology and Hepatology, Okayama University Graduate School of Medicine, Okayama, Japan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-23 21:37 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line