セロトニン症候群


通常の臨床の場でのセロトニン症候群(serotonin syndrome:SS) 。方法:1985年1月1日から2013年5月27日までのフランスの医薬品安全性監視データベースに登録されたSSの後ろ向き解析. Sternbach, Radomski, 又はHunter SS診断基準を満たした臨床症状の症例のみを解析した。結果:解析した症例の125例の大部分 (84.0%) はセロトニン作動薬の最近の変化に関連した (導入、投与量の増量または過量). 抗うつ薬が最も頻繁に使用されたセロトニン作動薬であり, 大部分はセロトニン再吸収阻害薬(SRIs, 42.1%) そしてSNRI(9.1%,主に venlafaxine), TCA(8.6%, 主にclomipramine), およびいくつかのMAOI (6.2%, 主にmoclobemide). 非向精神薬では主にopioids (14.8%, 主にtramadol). 大部分の症例(59.2%)は薬力学的薬―薬関連(drug-drug interactions:DDIs)の結果であり, SRIs + opioids (大部分はparoxetine + tramadolの組み合わせが最も多い。しかし, SSは 単一のセロトニン作動薬でもかなりの症例で生じ(40.8%), 多くはSRIs (主にfluoxetine)又は venlafaxineの通常量。最後に, 主要な薬物動態的なDDI は症例の1/5 (20.8%)で重要な役割。
J Clin Psychopharmacol. 2015 Jun 16. [Epub ahead of print]
Serotonin Syndrome: Analysis of Cases Registered in the French Pharmacovigilance Database.
Abadie D1, Rousseau V, Logerot S, Cottin J, Montastruc JL, Montastruc F.
•1From the *Department of Medical and Clinical Pharmacology, Faculty of Medicine, Toulouse; †Regional Pharmacovigilance Center, Centre Hospitalier Universitaire, Grenoble; and ‡Regional Pharmacovigilance Center, Hospices Civils de Lyon, Lyon, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-23 21:39 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line