CRPSでは本当に無視症状があるのかプリズムは有効であるのか


PubMed database を用いて、CRPSにおける無視様症状に関するpeer-reviewedの論文を探し、CRPSにおけるプリズムの使用を調べた。結果:CRPS患者は無視症状を呈するのか、そしてもしそうであれば何を無視するのかは未だに合意が得られていない。 さらに、 プリズム適応(Prism adaptation:PA)が CRPS の症状に効果があるのかどうかに関しては不十分なデータしかない。最後に, 無視はその他のタイプの片側性の痛みにおいて観察されるのか、あるいは、PAはこれらの患者に有用なのかどうかは不明である。
Eur J Pain. 2015 Jun 11. doi: 10.1002/ejp.723. [Epub ahead of print]
Prisms for pain. Can visuo-motor rehabilitation strategies alleviate chronic pain?
Torta DM1, Legrain V1, Rossetti Y2,3, Mouraux A1.
•1Institute of Neuroscience, Université catholique de Louvain, Brussels, Belgium.
•2Centre de Recherche en Neuroscience de Lyon (CRNL), ImpAct Team, Bron, France.
•3Hospices Civils de Lyon, Service de Rééducation Neurologique; Plate-forme Mouvement et Handicap, Hôpital Henry Gabrielle, Saint Genis Laval, France.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-06-29 18:52 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line