変形性関節症にアセトアミノフェンは有効か


最近のデータはacetaminophenの胃腸毒性と心血管毒性を指摘しており、それは長年無視されてきた。さらに, いくつかのメタ解析によると、acetaminophenはOAに対して鎮痛意効果が悪いことを示した. 従来のNSAIDsおよび cyclooxygenase 2 inhibitors (coxibs) は同程度の鎮痛効果があるが、胃腸毒性と心血管毒性は大きく異なる. エキスパートの意見:推定上の胃腸毒性と心血管毒性およびOAにおけるacetaminophenの鎮痛効果が悪いことを考えると, 危険因子を持つ患者への使用は疑問。OA患者においては、Acetaminophenは効果のある最低量を最短期間使用すべき. 異なる安全性の特徴を考えると,従来型又はcoxibsといったNSAIDsの選択 は個人の患者の危険因子に基づくべき。NSAIDsの胃腸毒性と心血管毒性の影響を減らすための異なる戦略をとる知識がOA治療の鍵.
Expert Opin Drug Saf. 2015 Jul 1:1-10. [Epub ahead of print]
Safety and efficacy of paracetamol and NSAIDs in osteoarthritis: which drug to recommend?
Richette P1, Latourte A, Frazier A.
•1Université Paris Diderot, UFR médicale, Assistance Publique-Hôpitaux de Paris, Hôpital Lariboisière, Fédération de Rhumatologie , 75475 Paris Cedex 10 , France
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-12 09:58 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line