脳卒中後の抗うつ薬投与は30日間の死亡率を低下させる


方法: 2003年から2010年までthe former Aarhus Countyに入院していたthe Danish Stroke Registryからの人口に基づいた患者の経過観察研究。この期間に, 入院中の抗うつ薬の使用をthe Danish Stoke Registryに登録。この登録には脳卒中のタイプ, 脳卒中の程度および入院中の脳卒中ケアの質を含む臨床的な情報を含む。合併症と併用薬を含むバイタルサインと共変量の情報は以下の人口に基づいた医療登録から得た: the Danish Civil Registration System, Danish Medicines Agency's Medical Register およびThe Danish National Patients Registry. 情報はすべてのデンマーク住民に割り当てられた市民登録とリンク。多変量ロジスティック回帰を用いて、入院中に抗うつ薬で治療した患者の治療を受けていない患者に対する30日間の死亡率の補正したオッズ比(OR)を計算。さらに, we did stratified analyses on 性別、年齢、脳卒中の程度で階層化して解析し、傾向点数でマッチさせた解析とmultiple imputationを行った.結果:以前抗うつ薬を内服しておらず初めて脳卒中になった5,070人中、 955人 (18.8%)は入院から抗うつ薬の投薬まで中央値で5日で投薬開始 (四分位範囲2-11). 抗うつ薬を投与された患者の方が、それで治療されなかった患者よりも、脳卒中の程度が強い患者の割合が高かった。入院中に抗うつ薬で治療された患者はそれで治療されなかった患者に比べて補正した30日間の死亡率は 0.28 (95% confidence interval (CI) 0.18-0.43). 脳卒中の程度での階層化は効果改善を示し、年齢と性別による階層化はそうではない。傾向点数をマッチさせた解析には1,908人の患者を 1:1でマッチさせた. 傾向点数でマッチさせた補正した30日以内の死亡のORは0.31 (95% CI 0.19-0.49)。まとめ:抗うつ薬の早期治療は重度の脳卒中で行われやすいが、治療は有意に死亡率を低下させる。この結果は無作為振り分け研究で確かめられるべき;しかし, 脳卒中後の抗うつ薬の早期使用は安全でもっと行われるべきかもしれない。
Cerebrovasc Dis. 2015 Jul 11;40(1-2):81-90. [Epub ahead of print]
Early Antidepressant Treatment and All-Cause 30-Day Mortality in Patients with Ischemic Stroke.
Mortensen JK1, Johnsen SP, Larsson H, Andersen G.
•1Danish Stroke Centre, Department of Neurology, Aarhus University Hospital, Aarhus C, Denmark.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-20 21:42 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line