アセトアミノフェンは急性膵炎の危険因子


2000年から2011年までTaiwan's National Health Insurance (NHI)プログラムの縦断的な人口に基づいたデータベースを用いて後ろ向きコホート研究を行った。 Acetaminophenコホートは新たにacetaminophen 中毒と同定された20歳以上の患者からなる (N = 2958). 比較コホートはacetaminophen中毒の既往のない無作為に選択された患者からなる. The acetaminophen および比較コホートは年齢、性別、およびindex yearをマッチさせ (N = 11,832) 1:4の比.各患者は index dateから急性膵炎の診断が下るまで、 NHIプログラムから離脱するまで又は, 2011年12月31日まで経過観察. コックス比例ハザード回帰モデルを用いて、acetaminophenの急性膵炎の危険性への影響を決めた。acetaminophen コホートは比較コホートよりも急性膵炎の危険性は3.11倍高く(11.2 vs 3.61 per 10,000 人―年), 補正したハザード比は2.40 (95% confidence interval, 1.29-4.47). 35―49歳の患者、男性、合併症のある患者、経過観察1年以内は発生率がかなり高かった。
Medicine (Baltimore). 2015 Jul;94(29):e1195. doi: 10.1097/MD.0000000000001195.
Acetaminophen Poisoning and Risk of Acute Pancreatitis: A Population-Based Cohort Study.
Chen SJ1, Lin CS, Hsu CW, Lin CL, Kao CH.
•1From the Department of Emergency Medicine (S-JC); Division of Cardiology (C-SL), Department of Internal Medicine, Tri-Service General Hospital, National Defense Medical Center; Department of Emergency Medicine (C-WH), School of Medicine; Department of Emergency and Critical Medicine (C-WH), Wan Fang Hospital, Taipei Medical University, Taipei; Management Office for Health Data (C-LL), China Medical University Hospital; College of Medicine (C-LL); Graduate Institute of Clinical Medical Science and School of Medicine (C-HK), College of Medicine, China Medical University; and Department of Nuclear Medicine and PET Center (C-HK), China Medical University Hospital, Taichung, Taiwan.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 19:03 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line