ビタミンCはCRPSを予防しない(メタ解析)


ビタミンCは橈骨遠位端骨折患者のCRPSを予防するかどうかのメタ解析。2014年9月6日まで。選択基準:vitamin Cを偽薬と比較した対照研究を含んだ。患者の年齢、性別、骨折の程度、又は骨折治療に基づいて除外はせず。χ testおよび I statisticを用いて異質性を定量化。ランダム効果モデルを用いて結果を統合。 結果:橈骨遠位端骨折患者の3つの研究(n = 890)では, vitamin CはCRPSの危険性を減らさず (risk ratio = 0.45; 95% confidence interval, 0.18-1.13; I = 70%). 異質性は診断基準で説明できるが、vitamin Cの使用方法又は骨折治療では説明できない。まとめ:橈骨遠位端骨折患者でCRPSを予防するビタミンCのエビデンスでは有意な効果を示せず。エビデンスの全般的な質は低く、これらの結果は臨床的な見解と患者の好みの絡みで解釈すべき。非治
Orthop Trauma. 2015 Aug;29(8):e235-e241.
Vitamin C to Prevent Complex Regional Pain Syndrome in Patients With Distal Radius Fractures: A Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials.
Evaniew N1, McCarthy C, Kleinlugtenbelt YV, Ghert M, Bhandari M.
•1Division of Orthopaedics, Department of Surgery, McMaster University, Hamilton, Ontario, Canada.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-07-27 19:13 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line