サウジアラビアでは男性がむずむず脚症候群になりやすい


一般人口におけるRLSの有病率は5-15%。方法:サウジアラビアのJeddah で2013年2月から2013年6月まで横断研究を行った。対照となる人口はサウジの学校職員. 30-60歳のSaudi の従業員を無作為に選んでインタビュー。訓練を受けたインタビュアーがthe Wisconsin Sleep Questionnaire, 人口統計学に関する質問、日中の眠気を計測する the Epworth Sleepiness Scale, the International Restless Legs Syndrome Study Group (IRLSSG)によって定義された基準に基づいてRLSの症状に関する質問を完了。結果:この調査によると、2,682人の参加者(62.5%は女性) の8.4% (95% confidence interval (CI): (7.35-9.45))はRLS. RLSの有病率には年齢の影響はない. RLSは過剰な日中の眠気および習慣的いびきを含むその他の睡眠障害に有意に関連した. Aunivariate analysisによると性別, 血縁関係, いびき, と糖尿病、高血圧、喘息、慢性気管支炎、および喫煙を含むRLSの多くの要因に有意な関連があった。しかし、多変量ロジスティック回帰解析を行うと、RLSは男性、糖尿病、喘息、および習慣的ないびきのみと関連した。まとめ:RLSの有病率は8.4%で, 西側の研究で報告された範囲. しかし、多くの研究とは異なり, RLSは女性よりも男性に有意に多い。さらに、いびき, 喘息, および血縁関係はRLSの可能性のある新しい危険因子。
Ann Thorac Med. 2015 Jul-Sep;10(3):193-198.
Prevalence of restless legs syndrome and associated risk factors among middle-aged Saudi population.
Wali SO1, Abaalkhail B2.
•1Sleep Medicine and Research Center, Department of Medicine, King Abdulaziz University Hospital, Jeddah, Saudi Arabia.
•2Department of Family and Community Medicine, Faculty of Medicine, King Abdulaziz University, Jeddah, Saudi Arabia.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-12 19:14 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line