抗うつ薬は認知症を発生させやすい


primary care クリニックのう抑うつ選別研究において、登録時に認知症がない60歳以上の3688人の患者による後ろ向きコホート研究。抗うつ薬使用と経過観察中の認知症の発生の情報は電子医療記録から検索した。Cox比例ハザードモデルを用いて5 つの参加者の群の間の認知症発生の危険性を比較した: SSRIのみ, 非-SSRIのみ (non-SSRI), SSRI および非-SSRIの混合群,抑うつがあるが抗うつ薬を内服しない群, 抑うつがなく抗うつ薬を内服しない群. SSRI およびnon-SSRI 使用者は抑うつがなく抗うつ薬を飲んでいない者と比べて認知症の危険性が有意に高い(SSRI 使用者ではhazard ratio [HR]=1.83, P=0.0025 、non-SSRI 使用者ではHR=1.50, P=0.004).さらに, SSRIs使用者は強度の抑うつがあり抗うつ薬を使用しない者よりも認知症の危険性が有意に高い (HR=2.26, P=0.0005).
Alzheimer Dis Assoc Disord. 2015 Aug 19. [Epub ahead of print]
Antidepressant Use in the Elderly Is Associated With an Increased Risk of Dementia.
Wang C1, Gao S, Hendrie HC, Kesterson J, Campbell NL, Shekhar A, Callahan CM.
•1Departments of *Biostatistics §Psychiatry #Medicine, Indiana University School of Medicine †Richard M. Fairbank School of Public Health, Indiana University ∥Regenstrief Institute Inc. ‡Indiana University Center for Aging Research, Indianapolis ¶Department of Pharmacy Practice, Purdue University School of Pharmacy, West Lafayette, IN.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-23 11:32 | 抗うつ薬
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line