NSAIDは勃起機能不全の原因ではないようだ


方法:当初勃起機能不全(ED)のないthe Prostate Cancer Prevention Trial (PCPT)の偽薬群の4,726 人の男性からのデータ。EDの発生は軽度/中等度(正常機能の低下)および強度(機能の消失)と定義. 比例ハザードモデルを用いてNSAID-関連の医学状態および時間依存性のNSAID使用とEDの危険性の関連で補正した共変量を概算.結果:関節炎(HR: 1.56), 慢性筋骨格痛 (HR: 1.35), 全体的な筋骨格の訴え(HR:1.36), 頭痛(HR:1.44), 坐骨神経痛(HR:1.50), およびアテローム性動脈硬化疾患(HR:1.60) はすべて軽度/中等度の EDの危険性の増加と有意に関連するが,全体的な筋骨格の訴え (HR:1.22), 頭痛(HR:1.47) およびアテローム性動脈硬化疾患(HR:1.60) のみが強度のEDの危険性の増加と関連する. 非アスピリンNSAID 使用は軽度/中等度の EDの危険性の増加と関連し (HR: 1.16, p=0.02)、 Aspirin使用は強度の EDの危険性の増加と関連 (HR:各々 1.16, p=0.03). NSAID使用とEDの危険性の関連はNSAID使用の補正を行うと減弱した。まとめ:このコホートにおけるNSAID使用とEDの危険性の中等度の関連はNSAID使用の適用によるものらしかった. NSAID使用はEDと関連しなかった。
BJU Int. 2015 Aug 25. doi: 10.1111/bju.13264. [Epub ahead of print]
Non-steroidal Anti-inflammatory Drug use Not Associated with Erectile Dysfunction Risk: Results from the Prostate Cancer Prevention Trial.
Patel DP1, Schenk JM2, Darke A3, Myers JB1, Brant WO1, Hotaling JM1.
•1Division of Urology, University of Utah, Salt Lake City, UT, USA.
•2The Cancer Prevention Program, Fred Hutchinson Cancer Research Center, Seattle, WA, USA.
•3SWOG Statistical Center, Fred Hutchinson Cancer Research Center, Seattle, WA, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:09 | アセトアミノフェン、NSAID
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line