線維筋痛症患者においては肥満者は症状が重篤

方法:FM患者を3つのBMI 分類に分けた: 正常体重、過体重、および肥満。BMIの増加の to core process FM 変数と症状と障害,および 医学的合併症と人口統計学的データ、社会経済的データ、精神的データ、および治療データへの関連を求めた。結果:224人の患者中, 0.4%は低体重; 25.9%は正常体重; 29.9%は過体重; 43.8%は肥満. グループ内には、年齢、性別、人口統計学データ、FM症状, FIQ点数, およびACR 1990基準とFM疫学基準の合致の点で差がなかった. 肥満のFM患者は, 正常体重の患者に比べると, h Patient Health Questionnaire 9で計測した抑うつ点数が高く (13.2 [6.6] vs 10.5 [6], P = 0.03), Health Assessment Questionnaire Disability Index scoresによる障害の増加の報告 (1.3 [0.6] vs 0.9 [0.6], P < 0.001), 運動が少なく(8.4% vs 25.4%, P = 0.003), 医学的な合併症が多く (1.5 [1.3] vs 0.7 [0.9], P < 0.001), FMのための薬が多く (3.5 [2.2] vs 2.1 [1.8], P < 0.001), 虐待の有病率の報告が高く(48% vs 33.9%, P = 0.016) そして性的虐待が多い(17.3% vs 6.8%, P = 0.01)。まとめ:正常体重の患者に比べると, 肥満FM患者は障害が強く、医学的合併症の報告が多く、運動が少なく、虐待の発生率が高く, 抑うつ症状の報告が増加し、FMの薬の摂取が多い. 二変量解析は、BMIの増加とthe Health Assessment Questionnaire Disability Index (FIQではない)および抑うつの関連を示した.
J Clin Rheumatol. 2015 Sep;21(6):289-295.
Fibromyalgia and Obesity: The Association Between Body Mass Index and Disability, Depression, History of Abuse, Medications, and Comorbidities.
Gota CE1, Kaouk S, Wilke WS.
•1From the *Orthopedic and Rheumatologic Institute, Cleveland Clinic, Cleveland; and †Ohio State University, Columbus, OH.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:17 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line