複合性局所疼痛症候群と神経障害性疼痛の筋肉エコー所見の違い


神経障害性疼痛に罹患した7人の患者の肢の筋肉とCRPS-1の7人の患者の罹患した肢の筋肉のエコーの比較。2つの状態の区別の所見。CRPSの筋肉の筋骨格超音波検査の特徴は変化するor/and全体的な筋肉内の構造的な崩壊と筋肉量の喪失. お互いに癒着した隣接した筋肉は均一なエコー輝度の高い組織の塊を示す。筋肉の浮腫は数人で見られた.これに対して, 神経障害性疼痛に罹患した筋肉の筋骨格超音波検査(Musculoskeletal ultrasonography:MSK USG) は構造的な正常を示すが筋肉量はかなり減少. 筋骨格超音波検査は、臨床的診断基準のみが診断の手助けになるこの2つの状態を区別する診断方法として有望。
Pain Pract. 2015 Aug 26. doi: 10.1111/papr.12338. [Epub ahead of print]
Musculoskeletal Ultrasonography to Distinguish Muscle Changes in Complex Regional Pain Syndrome Type 1 from Those of Neuropathic Pain: An Observational Study.
Vas L1, Pai R1.
•1Interventional Pain Medicine, Ashirvad Institute for Pain Management and Research, Mumbai, India.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:20 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line