同じ診断基準を用いても、むずむず脚症候群とWillis-Ekbom Diseaseでは有病率が異なる


ブラジル。方法:新たに卒業した医師が自分自身にRLS/WEDが存在するかどうか自己評価するように依頼された. 参加者は無作為に2群に分けられた。一群はRLSの自己評価を求められ, 他の群はWEDの自己評価を求められた。一群の人は'あなたはRestless Legs Syndromeですか?'と尋ねられ、 他の群の人は'あなたはWillis-Ekbom Diseaseですか?'と尋ねられた. 両方のフォームにはthe International Restless Legs Syndrome Study Group (IRLSSG)によって提案されたRLS診断のための4つの基準およびその基準に基づく自己診断のinstructionsが含まれていた.結果:研究対象は1413人の新たに卒業した医師. RLSという用語のフォームを渡された708人のうち, 87人 (12.28%)が自分自身をRLSと診断した. 逆にWED という用語のフォームを渡された705人のうち, 13人 (1.84%) が自分自身をWEDと診断した (p <0.0001).まとめ:これはRestless Legs Syndromeという用語は、この疾病分類を表示するために最も適切ではないかもしれないことを示す。
Sleep Med. 2015 Sep;16(9):1156-9. doi: 10.1016/j.sleep.2015.05.022. Epub 2015 Jul 2.
Willis-Ekbom Disease or Restless Legs Syndrome?
Carlos K1, Prado LB2, Carvalho LB2, Prado GF2.
•1Department of Neurology, Neuro-Sono Sleep Center, Universidade Federal de São Paulo, São Paulo, SP, Brazil. Electronic address: ka.carlos1@hotmail.com.
•2Department of Neurology, Neuro-Sono Sleep Center, Universidade Federal de São Paulo, São Paulo, SP, Brazil.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-08-30 13:24 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line