子宮頸癌ワクチン接種後症候群


以下の有用なアンケートを用いてヒトパピローマウイルス(human papillomavirus:HPV)ワクチン後に現れたであろう慢性疾患を評価する: The 2010 ACRFibromyalgia Diagnostic Criteria, COMPASS 31 dysautonomia questionnaire, およびS-LANSS 神経障害性疼痛form. これらのアンケートおよび"現在の疾患" 調査をHPV ワクチン後間もなく慢性ailmentが発症した人にe-mailで送った. 13の異なる国の45人が1か月でアンケートに記入。ワクチン接種時の平均 (±SD) 年齢は14 ± 5歳. 29%がワクチン接種後即時に(24時間以内)疾患が発生。最も多い愁訴は筋骨格痛(66 %), 疲労(57 %), 頭痛 (57 %), dizziness/vertigo (43 %), and paresthesias/allodynia (36 %). 患者の53%はFMの基準を満たす. COMPASS-31 点数は43 ± 21であり, 進行した自律神経機能不全であることを示す。患者の53%はS-LANSS 値>12を示す痛みを持った患者であり, 痛みの中に神経障害性の要素を持つことを示す. ワクチン接種後平均4.2 ± 2.5年経過しており , 93 %の患者は身体の自由を奪われる症状があり、就労や就学不能。 まとめとして、慢性神経障害性疼痛、疲労、および自律神経機能不全の無力にする症候群はHPVワクチン接種後に生じるのかもしれない.
Clin Rheumatol. 2015 Sep 10. [Epub ahead of print]
HPV vaccination syndrome. A questionnaire-based study.
Martínez-Lavín M1, Martínez-Martínez LA2, Reyes-Loyola P2.
•1Departamento de Reumatología, Instituto Nacional de Cardiología Ignacio Chávez, Juan Badiano 1, 14080, Mexico City, Mexico. drmartinezlavin@gmail.com.
•2Departamento de Reumatología, Instituto Nacional de Cardiología Ignacio Chávez, Juan Badiano 1, 14080, Mexico City, Mexico.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-14 17:03 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line