小児の複合性局所疼痛症候群


方法:2004年から2012年までCRPS Iと診断された患者の医療記録を解析. the PEDS Quality of Life 4-0アンケートを含む電話インタビューを患者とその親に行った. 結果を年齢、性別、社会経済的状態をマッチさせた対照群と比較。結果:73人の患者を含む(64人の少女, 9 人の少年). 診断時の平均年齢は11.歳であり、診断までの平均期間は14.2か月。症例の89%は下肢の罹患. Allodynia, coldness およびチアノーゼは各々症例の95%, 81% および74%で見られた. 49%の患者は身体的外傷を報告。多変量解析によると、不安であること (OR = 44.9, 95% CI [7.4-273]),アトピーの背景があること(OR = 25.0, 95% CI: [4.6-135]), 良好―素晴らしい学業成績であること(OR = 8.4 95% CI [1.3-52.1]), および入眠障害があること(OR = 5.3, 95% CI [1.6-17.0])と強い関連がある. 平均37か月の経過観察時 (12-102), PEDS QL 4-0点数はCRPS患者の方が対照群よりも有意に低い. 患者の57%は治癒を認識しており、55%は再発。まとめ:子供時代のCRPS Iの発症は主に思春期直前の少女、足関節に起こる。この結果は比較的悪い結果を強調し、特にその身体的および精神側面および心理の大きな役割を強調。
Orthop Traumatol Surg Res. 2015 Sep 7. pii: S1877-0568(15)00167-X. doi: 10.1016/j.otsr.2015.06.013. [Epub ahead of print]
Complex regional pain syndrome type I in children. Clinical description and quality of life.
Bayle-Iniguez X1, Audouin-Pajot C1, Sales de Gauzy J1, Munzer C1, Murgier J1, Accadbled F2.
•1Service d'orthopédie, hôpital des Enfants, CHU de Toulouse, 330, avenue de Grande-Bretagne, 31059 Toulouse, France.
•2Service d'orthopédie, hôpital des Enfants, CHU de Toulouse, 330, avenue de Grande-Bretagne, 31059 Toulouse, France. Electronic address: faccadbled@wanadoo.fr.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-14 17:07 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line