アメリカの線維筋痛症の有病率、すでに27%の人は線維筋痛症と診断されている


方法:US National Health Interview Survey (NHIS) の変数および he 2010 ACRの予備的なFM基準の(疫学調査用の)修正を用いて、ウマチ診療におけるFMの特異的な代理研究基準を開発した。代理基準をthe 2012 NHISに適用し、症状データ基準を満たす人を同定した。 NHISが重みづけをした8446人は 225.7 百万人のUS成人を代表する。結果:FMは1.75% (95% CI 1.42, 2.07)で同定され, これは3.94百万人の患者がいることを意味する。しかし, 同定された症例の73% は患者の自己報告では医師の診断はFM以外。同定された症例は高いレベルの、自己報告の痛み、非痛み症状、合併症、精神的苦悩、医療費、〔社会保障制度による〕給付金、就労不能がある。事例性は性別、教育、民族、市民権および不健康な行動と関連。人口統計的データ、行動、および合併症は症例の状態を予測する。2010 ACR 基準の代理polysymptomatic distress scale (PSD)の検査は、FMの症状は 尺度いっぱいに広がることを示す。まとめ:基準に基づいたFM患者は症状が強いが、大部分(73%)はFMの診断を受けていない。
PLoS One. 2015 Sep 17;10(9):e0138024. doi: 10.1371/journal.pone.0138024. eCollection 2015.
The Prevalence and Characteristics of Fibromyalgia in the 2012 National Health Interview Survey.
Walitt B1, Nahin RL1, Katz RS2, Bergman MJ3, Wolfe F4.
•1National Center for Complementary and Integrative Health, National Institutes of Health, Bethesda, Maryland, United States of America.
•2Rush University Medical Center, Chicago, IL, United States of America.
•3Drexel University College of Medicine, Philadelphia, PA, United States of America.
•4National Data Bank for Rheumatic Diseases, Wichita, KS, United States of America.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:13 | FMの疫学
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line