慢性疲労症候群に対する訓練治療(コクラン?)


CFSはmyalgic encephalomyelitis (ME)として知られており、 1000人あたり2人から100人あたり2人と推定されており、それは度の診断基準を用いるかによる。この総説は、訓練治療が CFSの成人の治療に有効であることを示した過去のCochrane 総説(200)4の最新版。系統的総説。外来での訓練治療に参加可能な18歳以上のCFS患者。1518人の参加者のデータを含む8つの無作為振り分け臨床研究. 7つの研究は、歩行、水泳、又はサイクリングのような有酸素訓練を研究し、一つの研究は非有酸素訓練を研究した。訓練治療は12-26週間持続した。適切であれば、メタ解析を行った. 訓練治療は"受動的" 治療又は無治療よりも、治療終了時には疲労の軽減により有効。訓練治療は、 患者の日々の身体機能、睡眠の質、および自己評価の全般的な健康に正の効果。訓練後には (40%) 標準的な治療 (22%)と比較してほぼ2倍の患者が自己評価の全般的な健康が改善した. Tもし訓練治療が痛み、生活の質、不安、抑うつに効果があるとしても、結論を出すにはエビデンスはあまりにも少なくand/or質があまりにも低い。訓練治療はCFS患者の症状を悪化させず, 深刻な副作用はすべての訓練と対照群でまれである。
Eur J Phys Rehabil Med. 2015 Sep 16. [Epub ahead of print]
An abridged version of the Cochrane review of exercise therapy for chronic fatigue syndrome.
Larun L1, Odgaard-Jensen J, Price JR, Brurberg KG.

•1Primary Health Care Unit, Norwegian Knowledge Centre for the Health Services, Oslo, Norway.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:25 | 慢性疲労症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line