むずむず脚症候群による疾病発生の危険性


当初のe-GFR≥60 mL min-1 1.73 m-2 の百万人以上のUS 退役軍人の全国的に典型的な目向きコホート[93%が男性, 経過観察期間の中央値は8.1年 (四分位範囲: 7.0-8.5年)]から、傾向をマッチさせた7372人の患者のコホートを作り, RLSの発生と以下の項目の関連を調べた: (1) すべての原因の死亡率; (2)冠動脈疾患の発生; (3) 脳卒中の発生; および(4) e-GFR<60 mL min-1 1.73 m-2 で定義される慢性腎疾患の発生. Coxモデルを用いて関連を調べた当初の傾向でマッチさせたコホートの平均 ± SD年齢は59 ± 12 歳; 89%は白人で 8%は黒人; 31%の患者は糖尿病;当初のe-GFRの平均は83.9 ± 15.1 mL min-1 1.73 m-2 . RLSではない患者と比べると, RLSの発生は死亡の危険性を88%増加させる [hazard ratio and 95% confidence interval: 1.88 (1.70-2.08)], そして、ほぼ4倍冠心疾患と脳卒中の危険性が高くなる [各々hazard ratio: 3.97 (3.26-4.84) and 3.89 (3.07-4.94)]。慢性腎疾患発生の危険性は、RLSではない患者に比べて発生したRLS患者で、有意に高い[hazard ratio: 3.17 (2.74-3.66)]. I US退役軍人の大規模な現代のコホートでは, RLSの発生は死亡率、冠心疾患の発生、脳卒中の発生、慢性腎疾患の発生の増加と関連する。
J Sleep Res. 2015 Sep 17. doi: 10.1111/jsr.12335. [Epub ahead of print]
Association of incident restless legs syndrome with outcomes in a large cohort of US veterans.
Molnar MZ1, Lu JL1, Kalantar-Zadeh K2, Kovesdy CP1,3.
•1Division of Nephrology, Department of Medicine, University of Tennessee Health Science Center, Memphis, TN, USA.
•2Division of Nephrology, University of California, Irvine, CA, USA.
•3Nephrology Section, Memphis Veterans Affairs Medical Center, Memphis, TN, USA.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-22 19:28 | むずむず脚症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line