炎症性関節炎は認知症を引き起こしやすい


方法:研究にはUKのデータベースまたはプライマリケアの記録であるthe Clinical Practice Research Datalinkからの炎症性疾患と診断された患者とマッチした対照(1:2の比)のコホートを含む。 炎症患者と対照社は年齢、性別、および地域医療をマッチさせた。研究の結果の計測はすべての原因の認知症。慢性炎症の診断と抗炎症薬represented the exposure variables of interest. 競合リスク解析を用いて暴露された変数に関連した認知症の危険性を推定。結果:1,378人 (1% ) および2,805人 (1% )の認知症が各々慢性炎症患者とマッチさせた対照群で記録された. 全身性血管炎は認知症のハザード比の増加と関連(1.75, 95% confidence interval (CI) 1.35-2.27, p <  0.001). 解析によると、治療を受けた患者の中では、全身性血管炎(1.64, 95% CI 1.24-2.18), クローン病(2.08, 95% CI 1.16-3.74), 水疱性皮膚疾患(1.55, 95% CI 1.11-2.18), および炎症性関節炎(1.33, 95% CI1.06-1.63)では認知症の危険性が高い. glucocorticoids およびNSAIDの併用療法は大部分の条件で認知症の危険性を減らし, 特に全身性自己免疫疾患では(0.41, 95% CI 0.18-0.95).
J Alzheimers Dis. 2015 Jun 26;46(4):1039-47. doi: 10.3233/JAD-150171.
Are Inflammation and Related Therapy Associated with All-Cause Dementia in a Primary Care Population?
Dregan A1, Chowienczyk P2, Gulliford MC1.
•1King's College London, Department of Primary Care and Public Health Sciences, London, UK and NIHR Biomedical Research Centre at Guy's and St Thomas' NHS Foundation Trust, London, UK.
•2King's College London, British Heart Foundation Centre, London, UK.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-09-29 08:44 | その他
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line