複合性局所疼痛症候群に対する脊髄電気刺激により脊髄圧迫が生じた症例


症例:左腕の外傷後CRPS に3年間かかっていた59歳女性が脊髄電気刺激(spinal cord stimulation:SCS)により治療を受け、 C3-C5の硬膜外腔にpaddle leadの埋め込みを行った. 7年後、彼女は脊椎と両下肢に沿った進行性paresthesia、両下肢の筋力低下の感覚を伴った歩行運動失調, 両下肢の筋トーヌスと腱反射の増加、刺激効果の低下を報告。頸部CTは、リードの後方の頸部脊柱への組織の塊を示した. この所見はリードの摘出後にMRによって確かめられたthat also allowed to document the amount of 脊髄圧迫。患者はC4-C5-C6椎弓切除を受け、厚い瘢痕は硬膜から切除された。術後、神経所見は進行性に不完全に改善したが、algodystrophyに関連した症状は部分的に再発。
J Neurosurg Sci. 2015 Oct 2. [Epub ahead of print]
Cervical spinal cord compression from delayed epidural scar tissue formation around plate lead for SCS. Case report and literature review.
Guzzi G1, De Rose M, Volpentesta G, Della Torre A, Lavano F, Lavano A.
•1Department of Neurosurgery, University "Magna Graecia", Campus "S. Venuta",Catanzaro, Italy - lavano@unicz.it.
[PR]

by fibromyalgia11 | 2015-10-06 22:27 | 複合性局所疼痛症候群
line

世界標準の線維筋痛症を専門家が説明します


by fibromyalgia11
line